シミの種類

シミの種類

夏の終わりから秋にかけてお肌を悩ますもの…紫外線や摩擦などの刺激やストレスによってメラニン色素が多く発生して肌内部に滞ってしまうことで出来るのがシミといわれるものです。

 

原因はメラニン色素ですがそのシミにはいくつかの種類があるのをご存知ですか?いくつか主なシミをあげてみましょう。主に紫外線が原因で出来る老人性色素斑。よくお年寄りの方で顔のあちこちにポツポツとできている人が多いです。

 

最近は若い人にも増えているのでは?若いころから日焼けをしていた人に出来やすいと言われています。長年のシミが薄くならず美白のスキンケアが十分でないことも原因になるはずです。

 

かぶれとかニキビなどの皮膚のトラブルの後にできるのは炎症性色素沈着です。敏感肌の人や皮膚疾患で塗り薬など使った場合にも残るシミもその一つ。乾燥やにきびなどのトラブルはきちんとケアしておかないと長引けば色素沈着を起こすリスクが高くなるわけです。

 

30代から40代の女性に出来るシミの中でもっとも多いと言われているのが肝斑と言われるもの。頬骨や鼻の下に左右対称に出来るシミです。女性ホルモンの働きが鈍くなりかけるとそのリスクが高くなります。

 

お肌のトラブルはホルモンのバランスととても関係が深いですね。知らず知らずにできているシミですが、お肌も体の代謝も普段から正常にキープできるよう心がけることが美肌の第一の条件かもしれません。

 

いわゆるそばかすもシミの仲間で雀卵斑と言われるものです。鼻の周りを中心に細かな斑点が散らばっているようになります。そばかすは遺伝的傾向が強いとも言われていますが、まだ薄いうちにケアすることで、目立たなくすることは可能です。

 

このようにシミやそばかすは美白ケアはもちろんのこと、同時に肌のトラブルを予防する、寄せ付けない普段からのスキンケアが大切でしょう。保湿や肌内部への栄養補給をしっかりして自分あった美白ケアを始めましょう。


このページの先頭へ戻る