美白効果のあるアロマオイル

美白効果のあるアロマオイル

スキンケアだけではなく今やさまざまなところで活用されているアロマオイルですが、アロマの香りは癒しとともに多様な効果を生み出してくれます。アロマオイルの中には新陳代謝を促してお肌を活性化させたり漂白作用のあるものがあります。 いくつか挙げてみましょう。まずはラベンダー。ラベンダーはいろんなものに活用されているアロマの代表格ですが、優しいさわやかな香りでストレス解消や代謝を促す効果があります。 お肌の新陳代謝が正常に働くと肌細胞がきちんと定期的に生まれ変わりますので、シミやくすみの原因であるメラニンの排出に大きく貢献するのです。新陳代謝がストレスや加齢によって乱れるとメラニンがうまく排出されなくなるとシミができやすくなっていくという困ったことが起きるのです。 ラベンダーは新陳代謝を助けて活性化するので美白のケアには適しているといえますね。次もアロマの中では代表的な存在のローズヒップオイルです。ローズヒップはお茶などにして飲んでも美白や美肌効果があるといわれていますね。においに癖があるので苦手という人もいますが美白効果は高いアロマオイルです。 ローズヒップも新陳代謝を活発にしてくれます。なおかつビタミンCが豊富なので美白の効果も期待できるわけです。ビタミンC誘導体というくらいですからメラニンの抑制にもつながりますし美白ケアには必要な成分ですね。またしわやシミ、くすみなどお肌の悩みに多く応えてくれる成分ですので、エイジングケアとしても高く評価されるアロマオイルなのです。 3つ目のアロマオイルも代表格なレモン。さわやかな香りは万人受けしますね。レモンは軽い漂白作用があるので美白ケアとして活用するのによさそうです。ただし光毒性があるので使用後に紫外線を浴びると肌へのダメージを受ける可能性が高いのです。 じゃあ美白ケアにならないんではと思いますが、朝や外出までに使用せず、夜のお手入れの際に使えば肌を白くする作用があるので工夫次第で美白ケアができますね。 レモンは使用方法を守ることが大事になりますね。アロマオイルは美白効果も癒しの効果もあって人気ですが使い方次第でトラブルを起こしてしまうことがあるので、自分の肌に合った正しい使い方をしていく必要がありますね。

このページの先頭へ戻る